老師《らおしー》の玉手箱

先生方が玉手箱の中にしまっておきたいような大事な思い出話をしよう!という老師《らおしー》の玉手箱。

箱根で見かけた中国語の案内板(1)

 

まだまだ暑い日が続きます。夏休みも終わり仕事を再開された方が多いことと思います。
 先週久しぶりに箱根に行ってきました。昨年4月大涌谷で小規模噴火があり立ち入りが制限されていましたが、一部解除されたというニュースを聞き、温泉でゆっくりしようと一泊旅行にしました。

最初に箱根の関所を参観しました。なかなかの人出で時折外国語が聞こえてきます。休み中ではありますがつい仕事のことを思い出し、案内板の中国語を探してしまいました。

 

 

まずはこの案内板。いきなり「足軽」「番所」です。中国語ではなんと書いてあるのでしょう。
「足軽」は「警備員」、「番所」は「監視所」という中国語が当てられています。まあそんなところでしょうか。

 

足軽番所の裏側にこんな案内板もありました。「雪隠」とはかなり古めかしい日本語ですが、中国語ではストレートに「トイレ」です。

もう一つ。

 

これは小高い丘の上にあった物見櫓の案内板です。
「遠見番所」という日本語ですが、中国語は「遠くから見渡す監視所」です。

中国語がわかれば古い日本語の案内より意味が伝わるかも知れません。

 

 

 

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-