老師《らおしー》の玉手箱

先生方が玉手箱の中にしまっておきたいような大事な思い出話をしよう!という老師《らおしー》の玉手箱。

お正月(春節)2

前回は「腊八粥」をご紹介しました。「腊八粥」はお正月の準備の始まり、とご説明しましたが、ではお正月の始まりは何でしょうか?

中国の伝統行事解説書によると

我国传统的春节,一般是从祭灶开始揭开序幕的。
中国の伝統的な春節はかまどの神を祭ることから幕を開けます。

とあります。かまどの神様はもっとも崇拝されている神様の一つですが、旧暦12月23日かまどの神様は天に昇って天帝にその一家の1年間の行いを報告すると言われています。そこでこの日人々はかまどの神様が天帝によい報告をしてくれるように盛大なお供えをしてお祭りをするというわけです。
日本にも「庚申待」あるいは「庚申会」という、似たような風習がありますね。

天帝に報告にいったかまどの神様は、12月30日(大晦日)に帰ってくるそうです。

中国の年末からお正月にかけて中国の人はどんなふうに過ごすか、今度は男子留学生の文章を見てみましょう。
お正月を迎える街の様子、家の中の光景が目に見えるような文章です。中国語を学ぶ日本人ためにわかりやすい中国語で書いてくれました。

春节将至,在我的家乡辽宁省,是最热闹的时候,大家都在准备着年货,打扫卫生,迎接着节日的到来。
每到这个时候,走在街上,人人脸上都洋溢着喜庆的笑容,手里提着大包小包,不用说定的是在买新年的礼品。商场里,也是人满为患,有的是给小孩子买新衣服,在中国尤其是小孩子都会穿着新衣服过年,代表着新的一年的开始,一切都是崭新的,这是一种习惯。
春节的大年三十晚上,春节晚会就要开始了,演小品、说相声、唱歌等什么节目都有。家里的人也都在忙着包饺子,饺子是一种历史悠久的民间小吃,深受大家的欢迎,民间有“好吃不过饺子”的俗语。大年三十大家一般都会吃水饺,而在日本很少看见饺子用水来煮着吃,会感觉很
“おかしい”。但是水饺非常的好吃,有机会的话大家可以品尝一下。吃饺子之前还要放烟火和鞭炮来迎接新的一年,一直到12点整,钟声想起的那一刻新的一年开始,小孩子们都会等着自己的爷爷奶奶的压岁钱,不过在我小时候拿到的压岁钱后,妈妈都会说:“拿来妈妈替你存着”的理由被收了回去,到现在我还不知道压岁钱张的什么样子。我想妈妈怕我养成乱花钱的坏毛病吧。
这就是中国最大的节日也是最长的节日,带给了每个家庭团聚的机会,也代表这中国悠久的历史。


日本語訳は次回。最後に今年いただいた贺年片(年賀状)を1枚ご紹介します。

上から

“大展鸿图万事如意”(壮大な計画が実現し、万事が思いのまま)
“恭贺新年”

“富贵吉祥吉星高照”(財産も地位も手に入るめでたい予感、幸運の星が空から照らしている)

縁起のいい言葉が並んでいます。

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-