老師《らおしー》の玉手箱

先生方が玉手箱の中にしまっておきたいような大事な思い出話をしよう!という老師《らおしー》の玉手箱。

教師節 その1

10年以上前、9月の上旬に北京の大学を訪れた時、校内で大きな掲示板を見かけました。そこには「青年優秀教師」という標題とともに数多くの先生方の写真が貼ってありました。

その時初めて中国に「教師節」という祝日があることを知りました。『岩波現代中国事典』には「教師の日:教師への尊敬を促す日。・・・85年1月教師の社会的地位の向上、教師への尊敬を呼びかけるべく9月10日を教師の日とすることを決定した」とあります。

先生に敬意を払うのはもちろんよいことですが、なぜ9月10日なのでしょうか。「中国の新学期は9月に始まるから」という説明を誰かから聞きました。
相原茂先生の説はとてもユニークです。中国語で「9・10」の発音は「jiu shi」、「教師」の発音は「jiao shi」、中国人の好きなダジャレ(諧音xie yin)がもとになっているのでは、と推測されています(「MAO的小屋」)。
そういえば日本でも「耳の日(3月3日)」や「鼻の日(8月7日)」などというのがありますね。

次回は中国人の先生に「教師節」の思い出を聞いてみます。

北京語言大学  
出張で何度も行きました。中国語を勉強する外国人学生が一番たくさん集まる大学です。
この写真は10年以上前ですが、いまは新築のきれいな校舎になっています。

中国の大学の授業風景
中国の先生は教育熱心ですが、気さくで親切な方が多かったように思います。     

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-