ワンポイント講座

◎ 可能補語 ~その1~

動詞と結果補語または方向補語の間に「得」または「不」を挿入し、可能表現にすることができます。

例)
回去    回(帰れる)       回去(帰れない)
看懂    看(見て理解できる)   懂(見て理解できない)

我今天要加班,七点回不去。   今日は残業だから7時には帰れません。
你看得懂中文报吗?       中国語の新聞読めるの?
这么多的菜,一个人怎么能吃得完呢?
こんなにたくさんの料理、一人でどうやって食べきれるんですか?

可能補語は、通常否定形(~不~)で使われることが多く、肯定形(~得~)は疑問形や反語形で使われることが多いようです。

※ 能願動詞「能」との違い
可能補語も肯定形であれば、「能」で代用できたり、強調の意味で一緒に使うこともできます。
在日本也能吃得到烤鸭吗?  日本でも北京ダックが食べられるんですか?
这里能坐下三十个人。 (=这里坐得下三十个人) ここには30人座れます。

ところが、否定形の「不能~」は“行為の禁止”のニュアンスとなり、可能補語の否定形とは意味が異なるため、可能補語の否定形(~不~)については「能」との置換えや併用はできません。

我七点回不去。     7時には帰れません。
× 不能回去(→「帰ってはいけない」という意味になる)

外面太吵,我睡不着觉。 外がうるさくて眠れません。
×不能睡着(→「眠ってはいけない」という意味になる)

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-