ワンポイント講座

◎ 方向補語 ~その2~

方向補語は文字通りの動作ばかりでなく、時には抽象的な表現となる場合があります。
主なものを例に挙げてみます。

<起来>
① ある動作をしてみる
② 動作や状況が始まる
③ 散らばったものが集まる
看起来很好吃。    見たところ美味しそうだ。
山上的叶子红起来了。 山の葉っぱが赤く色づいてきた。
请把垃圾收起来。   ゴミを(集めて)片付けてください。

*②の場合、目的語の位置に注意。「起」と「来」の間に置きます。
下雨+起来=「下起雨来」:雨が降りだす
唱歌+起来=「唱起歌来」:歌を歌い始める

<下去>
動作が将来へ続いてゆく。「~し続ける」
以后你也要坚持下去。 これからもがんばってね。

<下来>
① 動作やその目的語がその場に残る
② 動→静に状態が移行する。
③ 過去から現在まで動作が続いてきた。「~してきた」(⇔「~下去」)
请把您的名字写下来。   :お名前を書いてください。
金融危机慢慢儿稳定下来了。:金融危機は状況がだんだん落ち着いてきた。
这编故事是从古代流传下来的。:この物語は古くから言い伝えられてきた。

方向補語の派生用法は、抽象的な表現であり、その用法が多岐にわたるものもあるため、私たち外国人にとって、ニュアンスを把握して使いこなすのが難しい表現です。しかし、会話表現の上達には不可欠な用法でもあります。まずはなるべく多くの教材や辞書から、例文をたくさん集めて、自分で分類してみるといいですね。動詞の後に置き、動作に方向性を持たせます。方向補語になることができる単語は決まっています。

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-