ワンポイント講座

◎「ちょっと~」の表現3種

  1. 動作には、後ろに”一下”を。 動作の時間が短い=気軽なニュアンスになります。
    (人に頼む時に使うと、より丁寧に聞こえます。)
    一下ちょっと見てみます
    你们休息一下吧。ちょっと休んでください
    一下,可以吗?ちょっと聞いてもいいですか?
    请再一下もう一回調べてください。
    一下,我马上回来。 ちょっと待ってて、すぐ戻ります。
    请把您的名字一下お名前を書いてください。
    ※ 動詞と目的語の間に軽く数量詞を入れても似たような気軽なニュアンスになります。
    请给我打个电话。私に電話してね。
    来,喝杯茶。はい、お茶。
  2. 「有点儿」+形容詞は、いい気分じゃない、好ましくないというニュアンス。
    今天有点儿。今日はちょっと暑いね。
    有点儿了。ちょっと疲れました。
    这本书有点儿。この本ちょっと汚れてる。
    这个书包有点儿。このカバンちょっと小さいんだけど。
  3. 「ちょっと~め」は形容詞の後に“一点儿”を。
    我想买一点儿的书包。ちょっと大きめのバックを買いたい。
    天气一点儿了。天気がちょっとよくなった。
    你有没有一点儿的词典?厚めの辞書持ってる?

※ “(一)点儿”は、「少量である」ことを表します。下記のように、目的語のついた動作にも用いることができます。
「一下」と同じく、気軽なニュアンスになります。
我去买点儿东西。ちょっと買い物に行ってきます。
你再吃一点儿吧。もっと召し上がれ。 (*目的語は省略されることも。)
我口渴了,想喝点儿东西。喉がかわいた、何か飲みたい。

 

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-