ワンポイント講座

◎「アル・イル」の表現 ~その3~

<有>と<在>
どちらも「アル・イル」という訳語になりますが、その用途は異なります。  
特に場所詞を伴った「有」は、「在」と区別する必要があります。  
その違いを比べてみましょう。

「有」: 場所詞 +「有」+ 事物や人物
→ ある場所に、ある事物(人物)が存在している。「○○ニハ××ガアル(イル)」
?子上有?包,是?的?? ・・・ 机の上にかばんがあるけど、君の?
?个教室有没有空??   ・・・ この教室にエアコンはありますか?

「在」: 事物や人物 +「在」+ 場所詞
→ 事物や人物が存在している場所をあらわす。「××ハ○○ニアル(イル)」
?的?包在?子上。・・・ 君のかばんなら机の上にあるよ。
空?在那个教室? ・・・ エアコンはどの教室にありますか?

では、次の( )には、「有」と「在」、どちらが入るでしょう??

会話①
A: ??,?儿(  )?生???
B: ?不起,?儿(    )?生?。 (*否定語も入ります)
A: ?,是???那?,?生?(  )?儿?
B: (  )外面。
すいません、ここ、トイレってありますか?
ごめんなさいね、ここ、ないんですよ。
あ、そうなんですか・・・じゃあトイレはどこにありますか?
外にあります。

会話②
A: ?,我又失恋了。
B: ???。?(  )我(  )?身??。

ハァ~、また失恋した。
落ち込まないで。まだ私がいるじゃない。
答え:
会話①(上から)有・没有・在・在
会話②(左から)有・在   ・・・でした。

いかがでしたか?日本語で同じ表現になるものは、特に要注意ですね。

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-