ワンポイント講座

◎「アル・イル」の表現 ~その1~

今回は動詞の<有>についてお話します。

<有> : 「所有」「存在」を表す。
ある人が何か(誰か)を所有している、またはある場所に何か(誰か)が存在している。

  1. 我有一个妹妹。・・・私には妹が一人います。
  2. 她有很多漂亮的首饰。・・・彼女はたくさんのきれいな首飾りを持っています。
  3. 他家院子里有一颗大树。・・・彼の家の庭には一本の大木があります。
  4. 门外好像有几个人说话。・・・扉の外側で、何人かの人が(いて)話をしているようだ。

※ 3.・4.の例では、その場所にある事物や人物が存在していることを表現しています。
  ここで注意をしたいのは、“「有」の目的語(=そこにある事物や人物)は、特定できない”ということです。

日本語では「教室には彼がいる」というのは別段不自然な表現ではありませんが、 中国語では、「教室里有他」とは言えません。「有」の表現は、聞き手がはじめて知る情報ですので、それほど多くの情報を盛り込むことができないのです。
「教室には彼がいる」、中国語では、このように表現します。
cf)
教室里有一个学生,是他。・・・教室に学生が一人います。それは彼です。
他在教室(里)。・・・彼が教室にいます。      
※ また「有」は、否定の「不」とは “不倶戴天(同じ空の下にはいられない)”の関係です。
否定形はいかなる場合でも「没有~」となります。

次回は、もう一つのキーワード、「在」についてお話します。

 

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-