ワンポイント講座

◎ 動詞述語文の否定 -その2-

「没(有)~」の用法です。
ある時点において、その動作が実現していない(またはしなかった)ことを表します。
この場合、未来においてその動作が行われるか否かまでは言及しません。

她没(有)来。(彼女は来ていません →あとで来るかもしれない)
我昨天没(有)喝酒。(私は昨日お酒を飲みませんでした →次は飲むかもしれない)

※「没」の本来の形は「没有」ですが、文中で使われる場合、後の「有」はよく省略されます。  
  ただし、文末に使う場合や単独で使う場合は「有」は省略できません。

她来了没有?----没有。(彼女は来ましたか?---- いいえ。)
你昨天喝没喝酒?----没有,我没喝酒。(昨日お酒飲んだの?--- いえ、飲んでません)

  • 静岡日本語教育センター

  • 静岡アジア言語センター

  • ひとこま紀行 -アジア見聞録-